ざっき(読書記録)

アクセスカウンタ

zoom RSS いちご100%感想(WJ31号)とか。

<<   作成日時 : 2005/07/05 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

WJ立ち読みました。(またか…)
にしつかささんのところでいちご特集されていたので、何となく東城派(曖昧だ・笑)として私も感想でも書いてみようと思います。
というわけで、ネタバレ全開です!

雪の中、対峙する東城と西野。
彼女の西野としては、不安要因の東城がここにいるのにはやっぱり不審を感じますよね。
…うん、君の彼氏は振った女の子に家庭教師こっそりしてもらっちゃうようなダメ男だということに、早く気付いて西野(笑)!
東城も色々思うところはあるんでしょうが、諦めるために覚悟を決めたみたいです。
こちらは、動ぜず西野に真中に用事がある、と話します。
で、渦中の人センター君登場。
まぁ、唯の発言で頭が疑問一色だったので、迷わず東城の名前を呼びます。
待っていた西野としては益々不安です。というか、怒ってもいい場面です。ですが、健気にもにっこり笑ってマフラーまで真中にかけてやって、その場を東城に譲ります。(ああ、西野もいいこだなぁ)

店にでも入ろうか、という真中に西野のマフラー外さなくちゃいけないから、と断る東城。
真中は西野の彼氏だ、と言うのを自分に言い聞かせるためでもあるのかな、と思いました。
中学からずっと好きだった人、初めて自分を認めてくれた人、一緒に映画作りをした夢を追う仲間であり、三年間恋していた人。
諦めるのは、辛いです。
真中との距離が、振られたあとも映画の相談されたり小説の相談したり、家庭教師をやったりと、決して開いていないだけに、そして西野と違う学校だから付き合っている二人をちゃんと見ることが出来ないだけに、諦めようって思っても諦めきれない自分がずっと苦しかったんだと思います。
代わりでもいいから抱きしめられたい。
許されないって分かっていても、一度だけでいいからキスしたい。
勿論、正しくはありません。まして、東城自身を幸せにする願いですらありません。
でも、それくらいどうしようもない想いだったのだと、思います。
(というか、東城の気持ちをあっさりなかったことにして隙を見せたり抱きついたりする真中にも問題がありますし!)

たぶん、唯が言わなければ一生秘密にしていたのだろうと言う事実を、真中に伝えて、そしてそれでも真中から沢山のものを貰ったとお礼を言って、微笑んでその場を去る東城。
ベンチで涙する真中。
そして、真中に背中を向けた東城もまた、泣いています。

東城との思い出。真中にとっても、一緒に夢を追っていた東城は特別な存在でした。
まぁ、回想して泣くのは別にいいです(え)。
申し訳なくて泣いているのか、過去の思いに泣いているのか、そこで泣くくらいならなんで中学の頃自分から告白しなかったんだお前は!(笑)

自宅に帰っても泣いている真中。唯が罪悪感おぼえているようですが、いや、別に彼試験のことで泣いてるんじゃないから!(笑) 自分で振った女の子にお別れ告げられて泣いてるだけだから!(笑)

次回は、小説の続きということで、もう少し東城ルートが続きそうです。
真中はまた東城に揺り戻し食らうのか(中学の時と一緒ですか!?)、はたまたそれでも西野と付き合い続けることを決意するのか!?(こっちも遠距離恋愛というハードルありますが!)

やっぱり、総振られENDが平和でいい気がしてきました(笑)。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いちごでトラバありがとうございますー。
いやいや、まさか自分がこんなにこの漫画で語る日がくるとは…、自分でもびっくりですよ。

>試験のことで泣いてるんじゃないから!(笑) 自分で振った女の子にお別れ告げられて泣いてるだけだから!(笑)

あははは。そのとおりですな。
いやーなんかほんと情けない主人公ですね…。
本格的に終わりそうないちごですが、実はまだ、東城!? とか思ってたりする私です。
だってこの流れ、西野が身を引きそうな気がしません?
ああ、なんか来週が気になります。
にしつかさ
2005/07/05 23:09
私も、中盤読んですらいない漫画で語るとは思わなかったです(笑)。
でも、最近の展開は面白いです。東城が告白したあたりから盛り上がった気がします。

>だってこの流れ、西野が身を引きそうな気がしません?
うーん、手紙でまた気持ちがぐらついて、結局東ENDの気もするのですが、西野には身を引いて欲しくはないのですよ。
中学の頃みたいに、諦めてしまうのでは可哀想ですし、真中に余りに都合のいい展開です。永遠に真中を想わなければいけない理由もないですし、あまり良い彼氏とも言えませんし、そろそろ愛想を尽かして再起不能なくらい真中をバシッと振ってほしいです(笑)。

というか、西野に振られたから即東城というのもイヤなので(真中がホント成長しなくなってしまいますし)、真中には一度独りになって、誰にも甘えない状態で映画作りをして欲しいです。
で、東ENDになるのなら、何年か後に再会した二人が、東城脚本の映画を創ってくれればいいです。
西ENDになるのなら、遠距離恋愛Afterなのかな、と思いますが。
穂波
2005/07/07 01:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
いちご100%感想(WJ31号)とか。 ざっき(読書記録)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる