読書記録+拍手お返事

明日からフルで一週間お仕事とか本当ですか、というか、自堕落な生活を送っていたため、自分がちゃんと起きられるのか大変心配です←早く寝ろ。
そしてこんな状況でいろいろ面白い漫画やら小説やらが出てきてどうしたら…!週末まで待てるかなぁ。平日読むと翌朝がつらいので(←一気読みするからだよ!)。
というわけで、以下読書記録です。

------------------------------------------------------------------------------------------


NGライフ 第1巻 (花とゆめCOMICS)
白泉社
草凪 みずほ


Amazonアソシエイト by NGライフ 第1巻 (花とゆめCOMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


前にも書いたような気もしますが、記憶が曖昧なのでこちらでとりあえず。
暁のヨナの帯で出てくる推薦者さんのお名前があまりに私も好き作家さん達だったので気になっていたのですが、ヨナより先にこちらを読んだら大変面白かったです。(あ、ヨナも面白いです。ただ、シリアス成分多めなので、NGの方が個人的には好みでした。ヨナは連載中なので、終わってみないと評価はわからないですが)
「冴木敬大の前世は1900年前のポンペイという都市で生活していた青年。自分の前世を覚えている敬大のまわりは前世でかかわった人たちばかり!! 最愛の妻は男子中学生に、大親友だった男は女友達に…などなど、前世とは違う関係に苦悩する毎日で!?」←AMAZONの作品紹介より。
いや、ホントコミカルパートは明るく楽しいし、時折挟まるシリアスもいいし、7,8,9巻当たりの盛り上がりにいろいろ持っていかれました。へたれ系主人公大好きです。そして、女の子がホント可愛い!←え。
前半はコミカルな話が多いので、割と気楽に読めるかと思います。



魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
2011-07-08
佐島 勤


Amazonアソシエイト by 魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「魔法。それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ウィード)、『雑草』(ブルーム)と呼ばれていた。そんな魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウイード)。妹は、全てが完全無欠な優等生(ウイード)。どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。 」←byAMAZON
WEBで連載されていた物らしいのですが、シスコン兄とブラコン妹とか、もう設定からして好みです。ラノベのお約束的に主人公は、劣等生と言いつつ実はやたらと強い上に無自覚にモテますが(笑)。一応鈍感なのにも理由がある設定ですし、なによりシスコンが重度すぎるので、ハーレム設定苦手な私でもそんなに気にならずに読めました。
魔法の扱い方が独自設定で、プログラム組んで展開!というあたり、ちょっとオーフェンを思い出しました(あっちは音声媒介なので、設定としては全然違うのですが、多分作者さんのバックグラウンドにある知識として似たようなところはあるのではないかと思います)。そういう細かい設定も含め、世界観をちゃんと構築されてるなぁと思います。
現在、4巻まで読んだのですが、続きが気になる…。一冊が厚いので、読み応えがあるところも嬉しいです。(…薄い本だと、1時間かからないで読み終わってしまうのでちょっとさびしい)
ネットの評価だとかなり賛否両論わかれているので(…タイトルは確かに、劣等生じゃないよね、と私も思いましたが(笑))人を選ぶのだと思いますが、個人的には楽しかったです。

------------------------------------------------------------------------------------

以下、拍手お返事です。

文月様
お忙しい中わざわざコメントありがとうございます!こちらこそ、昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願い致します。
そして、人を選びまくる小ネタまで読んでくださりありがとうございます。もどかしい、と思ってもらえたなら本望です!本当に、ありがとうございました!


たまごん様
「春が訪れるその前に」読んで下さったとのことで、ありがとうございます。
よしおさんのおかげでできている長編ですが、楽しんでもらえたならよかったです。智代アフターは概要は知っているのですが、未だできておらず…元気がないと落ち込みそうなので、元気のある時にいつか試してみたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック